オチのない悪夢のようななにか

こんな夢を見た

 

僕はちょっと信じられないくらい巨大な闘技場の観客席に座っていた。辺りには僕の他に誰もいない。ただ静かに風が吹き、青い空の中で太陽がキラキラと輝いている。

何となく僕は立ち上がって、闘技場に降り立ち、しばらく歩いてみることにした。

どこまで歩いても景色が変わらない。視界の端に観客席が見えなかったら、まるで砂漠の中を歩いているかのようである。それでも僕は汗一つ流さず、黙々と歩いて行く。

すると、突然目の前に真っ赤な湖が見えてきた。何の混じりっ気もない、純粋な赤色の液体が、太陽の白い光の中でたぷたぷと揺れている。幻想的な光景だった。

その湖のすぐそばまで来てみると、少しむっとした臭いが立ちこめてきた。そして僕は、それが血の臭いであることに気がついた。

でも僕はにわかには信じられなかった。というのも、あまりにもそれが綺麗な赤色をしていて、どこまでも遠く広がっているからだった。

僕はそっとその巨大な血だまりの中に手を浸してみた。驚くほど冷たくて、ぬめぬめしていた。あまり気持ちよくはない。

そうしていると、ぬめりを纏った何かが僕の手に触れたように感じた。何だろうと思って手を引き抜くと、正体不明の、ピンク色の肉塊のような物がべっとりと手にへばりついていた。その肉塊もまた驚くほど綺麗な色をしていて、不気味な印象はなかった。

その肉塊は僕の手にへばりついたまま、小刻みにヒクヒクと動いている。よくみると、微小なピンク色の蛆虫がその肉塊の中で活動していたのだ。蛆虫たちは陸に上がったことも気にせず、旺盛な食欲で肉塊を貪り続けていた。

それから僕は手を振るって肉塊をぺちゃりと地面に落とし、血の臭いが立ちこめる中、じっとその小さな蛆虫を観察していた。ピンク色の蛆虫がピンク色の肉塊をせっせと食べていく様子を、気持ち悪いなあと思いながら、目が覚めるまでずっと見守っていた。

 

終わり

 

 

 

輝く季節へ

 

『ONE~輝く季節へ~』これは泣きゲーである。

カワイイ女の子、丁寧な日常描写、良質なBGMと良い感じのムード。そして突然訪れる「永遠の世界」。ヒロインとの別離と再会の演出。涙。やがてエンディングテーマが流れ、放心。しばし感動の余韻に浸る。

僕はこのゲームをやり終えた後、「そうだ、僕も現実を生きるぞ」と思った。

「辛いことがあっても、空想に逃げず、地に足をつけて頑張っていこうじゃないか!」

 

一つ問題なのは、僕の日常にはギャルゲー的展開は期待できないということだ。毎朝家まで起こしに来てくれる幼なじみもいないし、乙女な転校生もやってこない。僕が突然「永遠の世界」に旅立っても、僕を待っていてくれるヒロインもいないし、エンディングテーマは流れない。哀愁漂う音楽とともにバッドエンド直行である。

ああ、せめて僕を現実に繋ぎ止めてくれる楔が欲しい・・・

 

ということで、僕はブログを始めることにしました。ネットに残る足跡がいまここにいる僕の証。この際、愛はなくとも、一方通行なディスコミュニケーションでも、それでも・・・

 

俺はここにいるぞ!